精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2017/09/27

第68回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは

精研俳句の会です(#^.^#)

秋の夜長に作品を覗いて行ってくださいませ 😳

 

 

 

 

夜露(よつゆ)降(お)り

旨(うま)い 旨いと

虫が鳴く

作:照一

 

 

 

秋とはいえ、日中は未だ暑さ残る日々。

その日中は草むらに潜み、夕闇への時を待つかわいい虫達。

日が落ち「さあ~己れ達、喉自慢大会始めるぜ」

と構えたものの、慌て者の群れ達、夜露が降りたのに気付き

「あっそうだ!夜露で一杯喉潤(うるお)してからだったなあ。

あ~旨い、旨い。よし!調子を出すぞ!!秋の夜長を楽しもうぜ!!」

 

 

 

満月と

仲良し狸

今 出番

主役揃って

水面(みなも)に踊る

作:照一

 

 

晴れた満月の夜、狸達も中秋の名月見たさに月見酒。

秋の主役、満月と狸が揃い踏み。

夜も深まり黄色い月の光、酔いどれ狸の赤い顔?

ゆらり揺れ写る水面の優雅な一夜を連想してみました。

 

 

 

 

 

暑かった夏も、ふと気が付けばすっかり秋の雰囲気。

俳句の会も秋一色です(^^♪

また来週もお楽しみに~(^O^)/

 

スタッフの日常2017/09/25

「暑さ寒さも彼岸まで」

皆様こんにちは。

あちらこちらで運動会や稲刈りや地域の秋祭りなど秋の

行事が目白押しですね。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」

秋は秋分の日(=彼岸の中日)を境に日が短くなっていき

秋の夜長に向かいます。太陽の出番がどんどん短くなるので

暑さも和らいで行きます。

 

先日、石川県 白山市で だるま夕日が見れたそうです。

るま夕日は、晩秋から冬にかけての寒い時期に見られる自然現象です。

冷え込みがきつく、太陽が海から昇るか、海に沈むか、なおかつ水平線の

はるか彼方まで晴れわたった、非常に限られた条件でしか見る事ができません。

 

 

日本では「だるま夕日(太陽)」西洋では「オメガサン」と呼ばれる現象です

だるま夕日(太陽)を見るとラッキーが訪れるということなのでラッキーの御裾分けです

 

 

だるま夕日(太陽)が現れるのは、夕方に急速に空気が冷えてきているサイン。

北陸エリアでは秋晴れが続く予想で、朝は15℃近くまで冷え込むところも。

 

中々見ることが出来ない現象だそうです。

 


夕日を見ても、季節が着実に進んでいる様子がわかりますね。

街の木々が急ピッチで色づきを増している今日この頃ですが

海岸から眺める夕日からも秋の深まりを感じたりします。

 

さて、今週も 精研工業

『明るく元気に』笑顔でのスタートです。ヽ(*´∀`*)ゞ

 

 

 

スタッフの日常2017/09/21

第67回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは

精研俳句の会 事務局です(#^.^#)

今日も張り切って作品の紹介をしていきたいと思います!!

 

 

 

ビルの街(まち)

風の音のみ

声も無し

作:照一

 

 

都会の方には一寸失礼かもしれませんが、

田舎から時々、ビルの街に出掛けると

高層ビルの谷間に吹くビル風の泣き声(?)が、いやに耳に入る事が有ります。

反面、田舎町での様子、近所どうしの付き合い笑い声が

聞こえないのが淋しく感じるのは私だけでしょうか。

 

 

行きずりの

お早うの風

心地良く

作:照一

 

 

 

日々の何気無い挨拶

「お早う・お早うございます」

その一言の有る無しで一日の気持ちも大きく変わりますね。

朝のウォーキングで擦れ違う人へ掛ける人、掛けない人。

成り度くないですね。

声掛けても、応える事の知らない人には。

 

 

 

 

挨拶は大切ですね!

新たな人間関係を生み出すきっかけにつながります。

とっても簡単なことですよね!

 

 

知っている人だけでなく、知らない人にも自然と笑顔で挨拶が出来る人になりたいものです。

それでは、また来週お会いしましょう(^O^)/

スタッフの日常2017/09/20

お米の新品種 戦国時代?

 

台風18号等による大雨被害

このたびの大雨により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

皆様おはようございます。

めっきり寒くなりました,ね、鼻をグズグスしているメンバーも、、、

寒さ予防するために、 枚羽織る習慣をつけてみるのも良いですね!

 

 

さて、

石川県が9年をかけて開発したコメの新品種「石川65号」

名称「ひゃくまん穀」(新米発売日は10月5日予定)

 

“もっと近くに JA全農いしかわ

 

 

昨日の県内のニュースを見てると、新品種「ひゃくまん穀」の刈り取りが

始まったようです。

 

全国で続々登場!新品種ブランド米!

日本各地で産声を上げている新品種のブランド米。

ここ数年、新しいお米のデビュー

昔は聞いたことのなかった新ブランドが近年、続々と全国デビューしています

パッケージもオシャレになり店頭も賑やかになっていますね。

 

新品種米

 ü 山形県 「つや姫」

 ü 北海道 「ゆめぴりか」

 ü 新潟県 「新之助(102号)」晩稲(おくて)

 ü 青森県 「青天の霹靂」

 ü 岩手県 「銀河のしずく」「金色(こんじき)の風」

 ü 山形県 「雪若丸」

 ü 宮城県 「だて正夢」

 ü 福井県 「いちほまれ(越南291号)」

 ü 富山県「富富富(富山86号)」

 ü 石川県 「ひゃくまん穀(石川65号)」

   晩稲(おくて)|大粒 「ひゃくまん穀」は茎が堅く倒れにくい

  ため  安定的な生産を見込めるのが特長。

 

当地米「戦国時代」とTVでも言っていました、、、

どれを選べば良いのか迷うとの消費者も、、、。

 

 

けど何でお米の新品種ラッシュなの?

 

新品種開発は、コメ離れが進む若年層の嗜好の変化に対応するため

だけでなく最も深刻なことは、年々進む温暖化に備えるためだそうです。

暑さに強いお米を育てること。

高温に弱いコシヒカリの後を狙うおコメが、続々とデビューするようですね。

 

 

今年は「利き酒」ならぬ「利き米」

こんな楽しみ方もいいですよねー(^^♪

 

 

全国の新品種セットなんてあると楽しいんですけどね、、、(笑)

 

 

さて、今週も 精研工業

『明るく元気に』笑顔でのスタートです。

 

スタッフの日常2017/09/14

第66回 精研俳句の会( ..)φ

みなさん、おはようございます

精研俳句の会 事務局です(#^.^#)

 

 

天高く馬肥ゆる秋。

空を見上げての秋、二句ご紹介いたします。

 

 

 

秋 醸(かも)す

綿雲ふわり

時 とまる

作:照一

 

 

すっきりとした青空にふんわりとした綿雲。

まるで止まっているか如く。出来るものなら上に乗っての~んびりと優雅に昼寝し

秋を独り占めしたいですね。

 

 

 

うろこ雲

涼しき風と

お茶を飲む

作:照一

 

 

 

 

 

日、変わって今日は鱗(うろこ)雲。

一寸と向きを変るとそこには筋雲が走って風を感じ、自然の不思議さを感ず。

「雲と風がお茶でも飲み乍ら午後のお喋(しゃべ)りタイムかな?秋を満喫しているのかな?」

時には子供心に帰ってたわいもない事を想像する余裕も大事ですね。

 

 

 

あさってから三連休❤という方もおられると思います。

素晴らしい景観と味覚で秋を満喫したいところですが、台風が連休に合わせて上陸するかもしれないとの事・・・

今後も最新の情報に注意して、楽しい連休をお過ごしください(^^♪

スタッフの日常2017/09/12

新米

#New rice

 

皆様こんにちは。

夏も終わろうとしています。

 

 

今年の夏はなんだか夏らしくない気候でしたね。

全然暑くありませんでした、、、

 

関東は平年の50%以下の日照不足だとか、、、。

 

 

昔は夏の初めは暑くて暑くて、、、て、記憶もありますが

8月中もなんだか冴えない天気でしたね。

 

田んぼには、黄金色の稲穂が垂れ下っていますが、、、

 

 

この涼しさで心配されているのが、私たちの食事に欠かせない「おコメ」

冷夏といえばお米が不足した年がありましたね。

 

 

この社会現象は、1993年(平成5年)の天候不順によって、日本国内で

栽培されていたコメの記録的な生育不良から生じた食糧市場の混乱と

これに関連して世界の米市場にまで波及した影響を指す。

同現象では消費者はもとより、卸売り業者までもが米の確保に奔走し

小売店の店頭から米が消えるといった混乱が発生したが、同時にふだん

米を扱わない業者までもが、消費者の関心を集めるために米を販売する

といったケースも発生した。

1994年(平成6年)は、夏の猛暑により米作柄が回復したことを受け

米不足現象は同年後半にほぼ終息した。(出典:wikipedia)

 

 

私もタイ米を少し食べた記憶があります。

良い思い出でははありません。

 

日照時間不足や長雨、低気温の影響で、野菜の不作、価格の高騰。

米どころ地域の水害により、作付面積が減り米不足も。

台所事情はもちろん学校給食への影響も懸念されていますね。

そうならないための備え、対策を、、、、

 

さて、今週も 精研工業

『明るく元気に』笑顔でのスタートです。

 

スタッフの日常2017/09/06

第65回 精研俳句の会( ..)φ

皆さんこんにちは

9月になり涼しい日も増えました。

本日も素敵な作品をご紹介してまいりたいと思います!!

 

 

 

 

一夏の

余韻残すや

空蝉(うつせみ)が

作:照一

 

 

秋の気配も始まるお盆すぎ、夕方の公園を愛犬つれての散歩。

木々をフッと見ると短い一生を駆け抜けた蝉の抜け殻が樹肌にしがみついている様子。

それを見るにつけ、地中から出て一週間謳歌したその唄声、

その一生懸命さが耳に残り、与えられた命を良く頑張ったねと、思う間合いでした。

時を楽しむ爺より

 

 

 

 

耳にする

今時 季節

残暑ですね

残す 暑さに

涼しさ交ぜり

作:照一

 

 

八月から九月の秋の変わり季節(どき)。

暑くもあり、涼しくもあり。

皆さん、夏の疲れが出ていませんか?

風邪など余分な物、引き込まないようにね。

 

 

 

 

今週もご覧いただき、ありがとうございます(#^.^#)

ぜひこの時期ならではの季節を感じられるような

俳句を考えてみてはいかがでしょうか?

また元気に来週お会い致しましょう(*^^)v

 

 

スタッフの日常2017/09/05

旬の味。

朝夕は涼しい風を感じられる季節にもなりました。

早いもので、9月ですね、、、、、、。

夏の疲れが出やすい時期でもありますので、
風邪などひかれませんよう皆様自愛下さい。(^-^)

 

そんな時にお客様が、みずみずしい大きな梨を送ってくださいました!

ありがとうございます❤❤

 

さっそく皆でご馳走になりました (●´ڡ`●)

 

 

 

 

 

さて、今が旬の梨の効能

“疲労回復”

梨に含まれるアスパラギン酸には、疲労回復の効果

アスパラギンはアスパラガスから発見されたアミノ酸の一種です。

 

有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護する働きが

あるほか、筋肉や内臓のもととなるたんぱく質の合成にも使われます。

 

またカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルと結びついて

筋肉運動に必要なエネルギーの代謝を促進するため、体のスタミナをつけ

疲労に対する抵抗力を高める作用があると言われています。

 

野菜や果物にはそれぞれ「旬」の時期があり、旬の時期に食べることは美味

しいだけでなく、体によい旬の時期は果物によっても異なりますが、基本的には

旬の時期は3~4ヶ月となります。

 

果物が季節に適応しながら成熟していくため、他の時期に育つものよりも栄養価

が高く味も優れています。と言われています。

 

野菜・果物の栄養価には必ず一年の間で山があり、栄養価が高くなった時期こそが

いわゆる「旬」といわれる時期であったというのです。そして、旬の時期ではない

時に収穫されたものは、旬の時期の何倍もの量を食べないと同じ栄養が摂れません。

美肌レシピ

 

 

これからは食欲の秋、旬の食べ物がいっぱいありますね。

それならば、ぜひとも旬を意識してみてもよいですね....。

 

 

 

さて、今週も 精研工業

『明るく元気に』笑顔でのスタートです。

 

社長の日常2017/09/05

“やがて四十五年”

 

我が家夫婦、早いもので結婚生活やがて四十五年。

この間、小さな波はあったものの、お蔭様で特段の騒動や

大病も無く、家庭内も至って波静かて゛平隠無事に暮らす日々ぞ。

 

孫も中学三年、小学六年生となり、時には腹の虫の居所が悪い時など

(ジジ、ハバァ、一寸 うるさい!)

等と言うまでに元気に成長(?)頼もしや。

 

その姿も毎日我が家で見られる嬉しき日々よ。

気がつけば初秋。少しずつ涼しさや、或いはチョッピリ寒さも

感じる季節(とき)の移り。

四十五年培(つち)かった夫婦仲(術)、お互いの秘策(?)で

家(うち)ん中は『エアコン要らずの肩の凝らない、そんな暮らしを』

と思う日々である。

そこでお粗末ながらここで一詠み。

 

 

家(うち)ん中

呼び合う声が

『お~い お前』

『此処よ貴方(あなた)に

温(ぬく)もり流る

 

 

 

1 / 11


PAGE TOP