精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/01/29

いぬはなぜ雪が好きなのか?

おはようございます。

さて、今週も一週間が始まりました。

全国大寒波大変でしたね^_^;

 

私は、ドヂをし、大変痛い目にあってしまいました。

(この歳で蒙古斑復活です、、、)

お休みの日は一喜一憂せず、身体を温めてゆっくり睡眠をとり

パワーを蓄えました。(ある意味冬眠ですね、、、^_^;)

 

さて、雪、、、

童謡の「雪」では、雪が降ると「♪犬は喜び庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる」。

実際、イヌを飼っている人に聞くと、イヌは雪が降ると尻尾を振って喜ぶとか、、、。

 

 

あまり雪の降らない地域で飼われている犬の場合、そのはしゃぎぶり

は尋常ではないとか。理由はいたって単純!

犬は、雪そのものが好きなのではなく、ふだんあまりお目にかからない

雪を見て、単純に興奮しているだいけだそうです。

 

なぜ犬たちは雪が好きなのでしょうか。

動物学者のマコーネル博士(Patricia McConnell)は「正直に言えばわからない」

としつつ「新しい環境に興奮するのではないか」としています。

 

 

捕食者は変化を好み、獲物は変化を嫌うのだとか。

「あるいは、世界が遊び場に変わるかかもしれない」と答えています。

「はしゃぎ好き」な性格が出てくるそうです。

 

 

雪国で飼われているイヌは、雪が降ったくらいでは喜びません。

家の中で飼っている犬は温かい所が大好きです。笑。

 

 

 

個体差や犬種にもよりますが、 総じて雪が好きな犬は多い様です。

犬の先祖がオオカミの系統であることから、寒さに強いのは頷けます。
 

 

 

 

仕事でも同じですね。

新しい事に目を向け興奮する。

新しい挑戦をし、ワクワクしてみても良いかも、、、、。

 

 

 

今週も精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

 


PAGE TOP