精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/04/04

第92回 精研俳句の会( ..)φ

 

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です。

今日も元気に作品をご紹介したいと思います!!

 

 

 

 

ふきのとう

芽吹く青葉に

霜ハット

作:照一

 

 

 

三寒四温の季節。

時として春の朝、雪の寒さでは無く、晴天冷え込みの朝に霜降り、

春を待ち望み一足先に芽吹いていた「ふきのとう」。

その色付いてた緑の体・頭上に霜ハット(帽子)が白く

「キラキラ・ピカリ」一線の光を放つ何とも綺麗な

心洗われる寸時を見、自然からのプレゼントでした。

 

 

 

 

 

桜花(おうか)舞う

見上げる顔や

ほほ染まり

作:照一

 

 

当地、石川も開花が進みやがて満開。

花見シーズンを楽しむ絶好の舞台の幕明けです。

時の流れは早いものですよ。

365分の7位しか楽しめる事が出来ない、

自然からの心躍らせるプレゼントです。

足元気を付けて見上げてください。

見上げた顔に口に、桜花(おうか)の「キッス」の

プレゼントが舞って来ますよ、皆さん!!

 

 

 

 

 

 

鞄 踊り

肩掛け握る

一年生

作:照一

 

 

 

四月に入るとあちこちと入学シーズン到来ですね。

小っちゃい体に夢を一杯入れた大きなカバン。

喜び一杯、駆ける後ろ姿がカバンで背中が見え隠れ。

まるでカバンが踊っているよう。

肩掛けが外れないように両手で握り、元気に校内へ一直線。

早く友達作ってね、一年生!!

 

 

 

 

4月は始まりの季節です。

私達も、新年度「気持ちも新たに 」頑張りましょう!!

では、また来週お楽しみに~(^O^)/


PAGE TOP