精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/04/18

第94回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

 

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきます!!

 

 

 

 

 

春踊る

小鳥 集うや

鎮守の森

作:照一

 

 

 

春を待ち焦がれたが如く、人も生き物、動物達も皆同じ。

木々も芽吹き、花が咲き、春の香りに酔い、そこに集う

可愛い小鳥の聞こえし唄声が。

町中にひびく幼な児の賑やかな声と重なり、

何んとも楽し和花(のどか)な春の息吹かな。

 

 

 

 

 

 

 

桜散り

私の出番と

花水木

作:照一

 

 

 

 

「花の命は短かくて」

と謳われるように、正に三六五分の七くらいで、短くも心豊かに

和ませてくれた桜の花の季節も過ぎ。

と思いきや、気が付けば我が家の玄関先にピンクに色付いた

花水木の樹木が私の出番と微笑んでいるではないか。

人では決して出来ない自然な色使い。

桜のピンクと花水木のピンクの微妙な違いに気付く。

自然の力と器用さに驚くばかりの無力で凡人な我が身、ここに有り。

 

 

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

来週もまた、この時間にお会いしましょう!!

お楽しみに~(^O^)/


PAGE TOP