精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/04/25

第95回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは

精研俳句の会 事務局です!!

今日も元気いっぱい、作品を紹介していきますね!!!

 

 

 

 

春 楽し

水面(みなも)で語る

夫婦(めおと)鳥

作:照一

 

 

春風に水温む水面。

遠くからのその景色、ボンヤリと霞が掛りはっきりとは分からないが、

雛鳥二羽で何か歌っているのか?

はた又、夫婦番(つがい)なのか水面をの~んびり滑り

「ピッピッ」と春を楽しみ乍らのお話なのか?

人も鳥も同じですね。

自然に甘え、楽しむのは。

 

 

 

春を跳ぶ

蛙(かえる)三代

ケロケロと

作:照一

 

つい先日、今年初めて蛙の鳴き声が耳に入り、水面(みなも)温もる畦道に目を移すと

親亀、子亀、孫亀では無いですが、蛙三匹列を成して春の歌を聞かして貰いました。

人も小さな生き物も声を出して春を楽しむのって、心沸く沸くしますね。

 

 

 

 

もうすぐウキウキのゴールデンウィークですね!

未だにインフルエンザが流行っているそうですが

体調管理に気を付けて、ゴールデンウィークを楽しみましょう(^O^)/

 

申し訳ありませんが、精研工業はあさって27日(金)はお休みとさせて頂きます。

 

 


PAGE TOP