精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/05/09

第96回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

 

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきます!!

 

 

 

 

人往来

春の出会いに

夢描き

作:照一

 

 

 

人 行き来多しこの時期に何を思い、何を感じ、日々を過ごすのか?

将来の自分に夢膨らませ、希望多きポジティブ満載な人。

一寸心配性で悩みを取り込みがちで、ネガティブ的な人。

新社会人となられた若人よ。

心配すること無かれ。

「案ずるより生むが易し」との言葉が有るように、まずは実直で

気概を忘れなければ、何事も実りの多い将来が待っていますよ。

お世話な爺より

 

 

 

 

 

 

日和(ひより)浴び

水辺を遊び

春を呑む

 

作:照一

 

 

柔らかな春の日差しの下、町中の小さな公園を散策する午後の一時。

人や、鳥や、花や、何を思い、何を歌い、何を彩るや。

水面に映る姿も又、美しく優しく日差しを友とし、ゆらゆら遊びを楽しんでいるが如し。

春を呑む、何とも長閑(のどか)で幸せな時の流れよ。

四季折々、この先も優華な季節(とき)の移りを過ごせれば、この上無い喜びと思う。

 

 

 

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

来週もまた、この時間にお会いしましょう!!

お楽しみに~(^O^)/


PAGE TOP