精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/06/06

㊗第100回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!IMG_0292

おかげさまで、 この精研俳句の会も第100回を迎えることが出来ました!

これからも、「明るく、元気に」をモットーに

楽しい会にしていきたいと思いますので宜しくお願い致します!!

 

では早速、本日の作品をご紹介していきますね(#^.^#)

 

 

 

 

 

百句 つくり

誇れる句無し

いと寂し

作:照一

 

 

 

 

俳句とも、短歌とも言えるかどうか?

五・七・五を週1回ペースで並べてやがて二年、百回の域に。

脳トレのつもりでの遊び事を続けるも、いつ迄経っても

「最高!!これぞ出来栄え初段?」

と冗談にでも言われるような俳人になれるのは何時(いつ)の事やら・・・

いやいや、そのような一寸悲しい想いより、上手句目指し、楽しさ求め続けよう!

 

 

 

 

 

 

緑映え

深蒸し漂う

茶畑ぞ

作:照一

 

 

「夏も近づく八十八夜♫」

と昔から歌われるように、新幹線の窓越しに見える茶畑一帯は

陽の光に映えて深緑眩しく目に飛び込んで、何とも爽やかな

気持ちになるのは私一人だろうか。

そして又、芳醇な香りを醸し、車内に席するこの身に

届けてくれているような、そんな幸せな時間を過ごせたのは私だけだろうか。

数日後、社内にて過ぎし日を想い起こし、緑茶を楽しむ身、我ここに座する。

 

 

 

 

今週もお付き合いいただき、ありがとうございました。

第200回、300回と続けていけるように頑張りますので、応援お願いいたします!!

 


PAGE TOP