精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/09/05

第112回 精研俳句の会( ..)φ

 

 

 

お早うと

心の扉

ノックする

作:照一

 

 

 

 

 

今回は「お早う」言葉で三詠みです。

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます。

相も変わらず「下手の何んとか」で、申し訳ありませんが

今後もこの様なツールで、皆さんと気持ちを繋げていけたらと

思っていますので、懲りずにお付き合いをお願いします。

 

 

 

 

 

お早うさんは

笑(ほほえ)み 誘う

愛 言葉

作:照一

 

一日の始まり。

近所での知り合いの人、又見知らぬ人。

朝の行き交う一寸の間に「お早う」「お早うさん」と掛け合う出会い。

擦れ違った後の一瞬感じるこの爽やかさは何んだろう?

短い言葉が持つどこか温い語感の力だろうか?

心に残るこの爽やかさを大事に、一日を明るく気持ち良く

過ごしたいと思うものである。

 

 

 

 

 

 

お早うさん

風の語り部

耳打ちし

作:照一

 

 

涼風(すずかぜ)流れる夜明け時、遠くから僅かに聞こえる「お早う」の互いの掛け言葉。

私の耳元を優しく寝起きから覚ますように、そうっと「ヒュー・ヒュー」「お早う、お早う」と

脳波を擽る(くすぐる)心地良い夢か真(まこと)か、さ迷っている。

と、その時「遅刻するわよ!!いつ迄寝てるのよ!!」と、爆弾炸裂。

これって己の行いの悪さから来る仕打ちかも。

ト・ホ・ホ・・・

気を付けましょっ!!世の殿方よ。

 

 

 

 

 

 

 

朝の挨拶ってとっても大切ですよね。

笑顔で挨拶すると、なんだか元気が出ます!!

それでは来週もお楽しみに~(^o^)丿


PAGE TOP