精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/09/19

第114回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

 

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきます!!

 

 

 

 

陽 昇りて

日毎に強し

夏の主

作:照一

 

 

 

今年の夏の主は気が狂ったかの如く猛暑、いや、その上に

無理な表現をするとすれば酷暑とでも。

朝の陽が昇るのが怖い感じで、目覚めから玄関戸を「そ~っと」と

まるで今朝の太陽のご機嫌を伺うように開ける始末。

いつもなら朝日に「今日も一日良い天気で」と、手を合わせる事も。

しかし、今年の夏の陽には「どうぞ暫くおとなしくしていてください」と

言う毎日でしたね。

 

 

 

 

午前 三時

口開(あ)け 待つよ

新聞受けで

作:照一

 

 

 

目覚まし時計より、はたまた鶏よりも時を早く知らす我が体内時計。

午前三時には脳をノックする器用な生き物での目覚め時。

世にはこの時間目覚めどころか、もう疾(とう)の昔に起き

仕事に精を出している方がいますね。

「早朝の新聞配達の皆さん御苦労様。」

お蔭で世の動きを毎日具(つぶ)さに読み取れ、我が、すかすかな

頭の中を少しでも埋める事が出来ています。

お顔を拝見した事が無い事にお詫びとお礼を言いたい。

「申し訳ありません、そしてありがとう」と。

 

 

 

 

今週もご覧いただき、ありがとうございます(#^.^#)

ぜひこの時期ならではの季節を感じられるような

俳句を考えてみてはいかがでしょうか?

また元気に来週お会い致しましょう(*^^)v

 

 


PAGE TOP