精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/09/19

秋ですね!

今日は暑すぎず寒すぎず、心地のいい日です。

空も澄み切って、爽やかな気持ちになるのも秋ですね。

 

会社の玄関も秋仕様!!

 

 

金色に実り輝く稲穂を刈る風景があちらこちらで見られるこのごろ。

つやつやの新米のおいしさに、収穫を祝う祭りに心ざわめく時季

がやってきました。

 

さて、こんな季節ともなれば「天高く馬肥ゆる秋」

食欲の秋ですね!!

 

先日のこぼれ話です。

我が社のO澤先輩のお宅は農家です。

 

山でお米を栽培していますが、、、田んぼは刈り取り間ぢかのお米達が、、

 

イノシシが田んぼに入ってしまったと...!!(-_-;)

 

 

 

上手に稲穂は食べるは、グルグル回って遊んだ形跡もあるとか、、。

 

 

ミステリーサークルのような痕だそうです、、、。

 

 

イノシシが入った田んぼの米は本当に臭い!!

かなり酷いようです、、、全て田んぼのお米は廃棄だそうです。

 

お米から獣臭が漂うそうです。

米の状態では分からない程度でも、炊くと臭く食べられない状態だそうです…。

 

あるネット情報でイノシシについて調べた方が書いてありましたが、野生動物と

言うのは、本来、身を隠せる深い深い森の中が好きなんだそうです。

以前は、人里から遠く離れた奥山で暮らしていたのですが、人里に近い里山は

人が薪にする木を伐ったり、肥料にする下草を刈ったりして綺麗な状態ですね。

こんな所でウロウロしていたら里山へ来ている人に、すぐ見つかってしまいます。

 

なので、野生動物は、里山には近づかなかったそう。

過疎化と後継者不足で、この数十年の間に山は誰も木を伐らないし

草も刈らない。竹もそのままジャングル状態。

野生動物にとっては、奥山が人里まで延長された状態です。

 

森やら薮やらに身を隠しながら、食べ物を探してゴソゴソ移動していると

見れば目の前には、たわわに実る稲がーーー...

で、イノシシは猛突進だそうす!!....。

 

なるほど、、、。一理あります。

 

 

森林も大事、農家さんの苦労も知る事となりました。

収穫の喜びを心から感謝したいですね。

 

ちなみに、、、、、

臭いのは雄のイノシシだそうですよ….。

 

今週も精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

 

「ツイッター マ...」の画像検索結果 精研工業twitter

 

 

 

 


PAGE TOP