精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/09/26

第115回 精研俳句の会( ..)φ

こんにちは、精研俳句の会 事務局です
本日も元気いっぱい作品のご紹介をしていきたいと思います(#^.^#)

 

 

 

 

穫れ 秋に

雨風 重く

心 折れ

作:照一

 

 

 

農家の方々が丹精込め、秋の味覚を楽しんで貰おうと

今、一歩の収穫の手前の此の時期。

闇雲に悪戯(いたずら)な台風の襲来で、常ならぬ雨風が吹き荒れる始末。

猛暑だった此の夏に、額に汗し労し心を込め育んだ数々の逸品。

野菜や果物の腰が折れ、木々から貶(おとし)めるこの自然の厄介者。

毎年の事乍ら何んとか成らない物かと唇を噛むのは私だけだろうか?

 

 

 

 

 

 

要る 要らぬ

雨 あめ 雨よ

ほどほどに

作:照一

 

 

 

 

今年の夏、猛暑日続きの日々、ここに来て暑さも落ち着き夏の疲れを

癒(いや)す朝夕になりましたね。

皆さんどうされてましたかね。

本当に暑さの中、必要とする時に雨降らず、必要としない時に無情な迄に

降り続き、あちらこちらに洪水、崖崩れを起こし甚大な災害を発生する迄に。

自然の無謀な力に泣かされる機会を、日頃から小さい事でもこつこつと身構える策を重ねましょう。

 

 

 

 

今週もご覧いただき、ありがとうございます!

 

早いもので9月も、もうすぐ終わりです。衣替えの準備はお済みでしょうか?

 

それでは、また元気に来週お会い致しましょう(*^^)v

 

 


PAGE TOP