精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2018/11/05

11月です。

おはようございます。

いい天気の週の始まりです!

時の経つのははやいですね。もう11月です。

師走に近づき超多忙な時期に入りますね。

気合を入れ、体調不良等と言わない生活を心がけたいですね。

 

さて、インフルエンザの時期ですね、ちらほら、インフルエンザの声も、、、

 

11月よりインフルエンザ予防接種は始まってます!!

 

今年、インフルエンザのワクチンどうしよう・・・

ワクチン打っても、インフルエンザにかかるし・・・

ワクチンの効果あるのかな?値段も結構するし・・・

残念ながら、インフルエンザワクチンは、感染を完全に抑えることはできません。

 

でも、インフルエンザにかかってしまったとき、肺炎などの重い合併症になるの

を軽減してくれる可能性があるといわれています。

 

いつ頃、注射をうてばいいの

インフルエンザは、毎年12月から3月ごろに流行するから、11月中に打って

おいたらいいそうです。

ワクチンの効果は、どれくらい続くの?

ワクチンは、注射を打ったあと、2週間くらいから効果が出始めて5か月くらい続くよ!

ワクチンで、インフルエンザになっちゃうことはないの?

ワクチンは、インフルエンザウイルスの働きをなくしてあるから、ワクチンで

インフルエンザを発症することはないんですよ!

 

日常生活の中でできる予防法

日常生活の中でインフルエンザを予防することも大切です。
通常のインフルエンザウイルスや新型インフルエンザウイルスの感染は、せきや

くしゃみによる飛沫や接触によってウイルスが体内に入ることで起こります。

そこで、普段からウイルスが体内に入るのを防ぐようにしましょう。

 

飛沫感染……感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む

接触感染……感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触る

 

普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。

人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。

アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

 

 

風邪、インフルエンザにかかった時は、、

咳エチケットを行いましょう。

インフルエンザの感染を予防するための「咳エチケット」とは咳やくしゃみに含まれ

ているかもしれない病原体(感染の原因物質)が、周囲に飛び散らな いように気をつ

けることです。

 

咳やくしゃみをするときに気をつけること

他の人から顔をそらしましょう。

ティッシュなどで口と鼻を覆い、使用後のティッシュは捨てましょう。

咳、くしゃみが出ている間は積極的にマスクを着用しましょう

 

職場には小さいお子さんがいる方もいますし、なにより自分が感染源に

はなりたくないですね、、、。

 

社会人として当たり前の行動『予防』&『咳エチケット』今は当たり

前のようですよ!!

体調管理も仕事のうちですね

 

 

今週も精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

 

「ツイッター マ...」の画像検索結果 精研工業twitter

 

 


PAGE TOP