精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/01/09

第128回 精研俳句の会( ..)φ

 

皆さま、あけましておめでとうございます!

今年初の 精研俳句の会のブログ投稿となります(#^.^#)

 

それでは、本年も毎週元気に作品をご紹介していきたいと思いますので、

よろしくお願いいたしますね (^O^)/

 

 

 

初雪の

足跡はかる

老い若き

作:照一

 

 

 

初雪が降ったある日曜の朝、「あ~こんな時期か~」と

我が家を出、何しろ初雪なので足元滑り歩く事、二・三百メートル。

ふと気が付くと、誰が先を行ったのか足跡 右・左と先へ延びる。

その足跡よくよく見ると、歩幅が大きかったり、小さかったり、

はた又、浅かったり、深かったり、足先右へ左へと。

目指すは何処へ。

いったい先人はどんな人だったのだろうと。

一寸とした事に興味を持ったら不思議と面白いもの感、一杯。

さて、自分の足跡はどんな?と、振り返る、これ又面白い。

 

 

 

 

 

 

宝くじ

かしわ手叩(たた)く

力過ぎ

手のひら腫(は)らし

もう買うもんか

作:照一

 

 

 

 

皆さん、年末初夢宝くじ、買った方も沢山いるでしょうね。

私も億万長者を夢見て「継続は力成り」の言葉を信じて(?)

こつこつと三千円、六千円と貯金(?)のつもりで売場へ。

売場では「どうぞ当たりますように」と、招き猫に挨拶をされ

「良し!!今度こそ大当たり!!」

大志を抱き、柏手強く二度・三度。

当選発表いそいそと。

結果は皆さん知ってのとうり。

「もう買うもんか!!」

 

 

 

 

新年一発目から、クスリと笑える作品でしたね(#^.^#)

では、来週もお楽しみに~(^O^)/


PAGE TOP