精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/01/30

冬の花

 

暖かくなりました。

春の兆しを感じ始めました。

 

実は、

 

昨日までは、雪でした、、、

それも積もって、寒いね、寒いねと言っていたのに。

 

 

 

 

 

それも風も強く荒れ荒れの日でした   、、、

 

なんでしょう、この天気は、、

今日は快晴で暖かいです。イヤ、暑い、、、、。

もはや、身体がついてきてないですね。笑

 

さて、寒い冬にも花が咲!

昨日のニュースで能登半島(石川)の外浦海岸(曾々木、輪島)で、波の華が見れると。

 

 

 

波の華は、日本付近の等圧線がほぼ南北にのびて縦縞模様(西高東低の冬型の気圧配置)

となるとシベリアからの強い季節風が吹き、大波が岩にぶつかり、くだけて白い泡ができ

それが風にあおられ空中に舞い上がる波の花が現れるようになります。

 

波の高さは4メートル以上、気温が4℃以下の低温で、風速が7m/秒を超えるほど

強くないとできないという。

また、波の花は、特に海水に植物性プランクトン(ケイ藻類など)や海藻くずなどが多く

混じり合っている入り江のようなところ、また引き潮がよどんでいる岩場にできやすいと

いう。厳寒の荒波にもまれて海中に浮遊する植物性プランクトンの粘液は、海水の粘り

を高め、海水の表面をおおって表面張力を減らし、泡ができやすく、また丈夫な薄膜を

つくり、泡を消しにくくします。そのシャボン玉のような白い泡には、塩分が含まれています。

 

ほんとフワフワの白い泡が風で舞い上がってきれいなんですよ。

万が一 見ることができたら幸運!ですね。

 

 

精研工業『明るく元気に』

笑顔でのスタートです。

 

「ツイッター マ...」の画像検索結果 精研工業twitter

 

 

 

 

 

 

 

 


PAGE TOP