精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/02/20

第134回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

 

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきます!!

 

 

 

 

お~お!寒っ!

軒先 長く

氷柱(つらら)伸び

作:照一

 

ついこの前、我が住む町に早々と春一番の風が吹き

待ちに待った春かと思いきや、何んの何んの二・三日後には

雪どころか、氷点下に冷え込み「アッ」と、驚きも驚くや

朝起きるて見ると、何んと近年目にしなかった軒先から

氷柱が下がっているではないか。

幼ないお子さんの居るお家では

「ママ見て、屋根の下に何か付いているよ、あれなぁ~に?」

と言った会話が隣のお家から聞こえてきそう。

何んと天変地変の激しい此の頃である。

 

 

 

 

合格発表

我が子 何処かと

走る顔

作:照一

 

 

 

幾重にも額(ひたい)に捻(ねじ)りハチマキ巻き付け汗し

夜も無く昼も無く、只々ひたすら目指すは志望校有るのみと

強い信念一徹。

期も熟して花咲き誇る今此処に有り、とは言うものの

夢から現実確認する迄はハラハラ・ドキドキ。

合格発表掲示板迄は足より早く心が先に急々(いそいそ)と。

掲示板に集まる親子さんと、春を待ちに待ったウグイスの群れと

声合わせ喜び合うおめでとうの歌声が聞こえしこの街に。

 

 

 

 

もう2月も後半ですね。

みなさん、体調管理に気を付けて寒さを乗り切りましょう!

来週もお楽しみに~!


PAGE TOP