精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/05/22

第146回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会事務局です(#^.^#)

今日も笑顔で作品のご紹介をしていきます!!

 

 

 

風と遊ぶ

旗めく二(に)文字

新元号

作:照一

 

 

 

 

例年の四月五月の「のぼり」と言えば「鯉のぼり」が

定番なのは皆さんご存知のとうり。

しかし、今年は元号が変わり、その名も「令和」「令和」で

旗めく「のぼり」は令和の二文字のオンパレード。

どうぞこの先、五月(さつき)の風に吹き流れる「令和のぼり」の

如くゆったり、の~んびり平和な時が流れる日々であ~れ!!

 

 

 

 

 

 

朝四時三十分

起き時と

つばめ舞う

作:照一

 

春も真っ盛り、五月ともなれば夜明けも早い事、早い事

四時半になればもう燕や雀の小鳥達の目覚まし時計ならぬ

目覚ましオーケストラで元気な事。

おいしい朝露を呑にしたのか、一オクターブ、キーの高い

テノールでの歌声で「もう起き頃時間よ」とは

小鳥達の歌声に酔い過ぎか。

はた又、未だ夢ん中の出来事か?

寝ぼけ男は判断つかず床ん中。

「あんた!!いつ迄寝ているのよ!!もう七時よ!!」

トホホ・・・

 

 

 

どの作品も今の季節にピッタリでしたね

来週も素敵な作品をご用意してお待ちしております(^O^)/

 

 


PAGE TOP