精研工業のスタッフブログ

スタッフの日常2019/09/11

第161回 精研俳句の会( ..)φ

みなさんこんにちは!!

精研俳句の会 事務局です!!

本日も最後までお付き合いくださいませ(#^.^#)

 

 

 

 

 

暑中残暑

息苦(いきくる)し

二十四時

作:照一

 

 

 

日本全土分け隔(へだ)て無く、夏日・真夏日・猛暑日と温度計の

目盛りが足りない位の温度上昇止まる処(ところ)知らず。

知るところはこの地球、南極・北極の氷山の崩落、海水温の上昇。

それらによる・・・・ニーニョの発生。

毎年の地震・風水害等々、自然災害による被害。

皆さん!!これらの大きな動きに何か感じませんか?

まるで、この大地が何か警鐘を鳴らし、怒っているようにも。

一日二十四時、一年三百六十五日。

どうか昼も夜も暮らし易い日であるように。

 

 

 

 

 

暑っつ、暑っつ!!と

鳴き 疲れ蝉

寝むにつく

作:照一

 

 

 

正しく晩夏になり真夏の主役だった鳴き声

「ミーン、ミーン、ミーン」「カアーカッカカ」「ジー、ジー、ジー」

「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ」と蝉のオーケストラももう最終章。

蝉の生きる短い夏。一生懸命鳴いて唄って、聞かせて貰った一夏、ありがとう。

来年も元気に耳を突き刺す声を聞かせよとエールを送るのは一寸大袈裟かな?

お疲れ、お疲れ。

 

 

 

 

今日も読んで頂きありがとうございました(#^.^#)

来週もまた、この時間にお会いしましょう!!

お楽しみに~(^O^)/

 


PAGE TOP